益子焼をやっている佐々木康弘のブログ - rokuroboys.com -で“益子焼”タグの付いているブログ記事

2008年12月 9日

益子焼 赤土丸碗


works005

陶器市のときになかなか好評だった丸碗。
なので、丸碗シリーズを作りはじめました。
取っ手をつけて、マグやコーヒーカップを作ったり、
抹茶碗のようなものを作ったり。
それとあとは、直径が15センチほどの中鉢を作ったりしています。
新しく作り始めた丸みのあるシリーズですが、
ロクロを引くときに胴を膨らませて丸みをもたせる作業が楽しいです。
やりすぎても不細工になってしまうし、中途半端だとシュッとしすぎるし、
ちょうどいい加減を見極めるのが楽しい。
まだ慣れていなくて同じ丸みにならないのが問題ですが。。。

今月の21日にアートイベントに参加させてもらうことになったので、
それに間に合えば、会場でお披露目できます。
イベントの詳細は次の更新でお知らせしますね。


2008年12月 5日

冬のしごと

works001

すっかり寒くなりましたね。

僕は寒いのがすごく苦手なので、万全の寒さ対策で臨んでいます。

仕事場のある市貝町はなかなかの寒さのところで、

去年は作った品物が凍ってしまうほどでした。

ちなみに、凍ってしまうと焼きあがったときに割れやキズができてしまうので、すべてやり直し。

悲しい記憶です。

そんなことにならないためにも、今年は万全の対策で臨んでいるわけです。

そのおかげで、風邪もひかず体調も良いのですが、

どうしても冬は仕事がはかどりません。

その理由は気温の低さ。

気温が低いと粘土が乾燥しづらく、次の工程に進むことができない。

なので、仕事がはかどらないのです。

そこで考えたのが、手の込んだ仕事。

時間をかけて、丁寧な仕事をしてみようかなと思います。

まず、手始めにつくってみたのが写真の小さな一輪挿し。

高さが8センチとちいさいものだけど、けっこう時間が掛かりました。

こういうの、自分に合っているようで時間を忘れて没頭しました。

チマチマと、とても楽しい。

大きいのも作ってみようかな。

 

 

2008年9月 6日

益子焼 柿釉飯碗

day64

フジロックのときに持参した星の模様の湯呑みがあまりに不評だった(自分ではとても気に入っていた)ので、そのリベンジ。

星柄の湯呑みをじっくりと見て、僕はどこに魅力を感じているのだろうかと考えてみた。

しばらく考えても、なかなか答えが見つからなかったけど、ふとした瞬間に、

僕が惹かれているのは星の模様じゃなくて、形とか配色とかが自分好みなだけじゃないの?

て、頭に浮かんできた。

星柄に意地になってたとこがあるから、認めたくなかったけど、そうなのかも。

なので、配色はそのままに、飯碗を作ってみました。

これがなんとも、お気に入りに。

星じゃなかったんだな。。。

 

益子柿釉飯碗 Φ11.5cm h6.5cm

2008年8月 8日

夏カレー、うまし。

day60

無印良品のレトルトカレーがうまい!

朝飯に食べました、無印あなどり難し。

 

フジロックの会場でもカレーなんてのは定番メニューで、

たしか、去年とおととしにグリーンカレーを食べたような気が。。。

夏に暑いとついついカレーが食べたくなっちゃって、

今回のフジロックではカレー以外のものを食べるんだぞ!と

カレーの誘惑に負けないように、カレーを持参したのでした。

来年は本格的にカレー皿も用意して持っていこう。

外で食うカレー、うまし。なんだよなー。

 

写真のはたしかイエローカレー、黒の器が似合ってるのはイエローだからかな?

カレーには黒がいいのかな。黒いカレー皿つくろうかな!!

 

2008年8月 3日

フジロックに星の湯呑み

day59

去年からフジロックには、自分で焼いた器を持っていくことにしています。

フジロック直前に焼きあがった星の模様の湯呑み(上の写真のもの)を持っていきました。

僕としてはけっこう気に入っていて、ちょっと今後いろいろ使えそうだな、と可能性を感じていたんだけど

アニたちに見せると、これが見事に不評。

 

星かぁ・・・

 

という反応。

うーん、そっかー。星はないのかー。

 

でもなー、なんかあきらめられない!

もうちょい考え直して、アニたちにリベンジしよう。

そうしよう。