益子焼をやっている佐々木康弘のブログ - rokuroboys.com -で“作品”タグの付いているブログ記事

2014年3月27日

日々のこと


試作

新配色

湯呑みも新しく作りました。

新宿髙島屋での展示、まもなくです。

諏佐知子・佐々木康弘
「春の暮らしを彩る うつわ展」
2014年4月2日(水)→8日(火)
午前10時~午後8時(4,5日は午後8時30分まで、最終日は午後5時まで)
新宿髙島屋 10階 ギャラリー暮らしの工芸

2010年9月 5日

works213

またまた高さ5センチ程のミニ一輪挿しです。
食器は内側と外側の両方を見せますが、
一輪挿しなどは外側を見せます。
なので、内と外のバランスはひとまず置いておいて、
「カタチ」と「外側の色」に集中して作ります。

内と外のバランスを気にしなくていいので、
外側で思い切ったことができるのが面白いところで、
新しい釉薬は、こういったものから使い始めることが多いです。

今は、白の釉薬を試作してます。

2010年3月 2日

釉調

ceramics works179
益子焼 掛分けマグ
径:9.5cm 高さ:9.5cm

前よりも柿釉が明るくなりました。
釉の調子もムラがあり、一定でなくていいです。
今回の窯のお気に入りです。
まずは自分で使ってみます。

2010年2月26日

ススメ、セメロ

ceramics works177
益子焼 飯碗
径:14.0cm 、高さ:6.0cm


新しいことをどんどんしていこうと思う反面で、
少しずつ着実に進歩していこう、と思い過ぎている気がしてきました。

ちょっと行き過ぎて、これはやりすぎだな、と
修正しながら戻ってくるくらいのこともしていかないといかんです。

挑戦というやつです。
攻めていかないといかんですね。

2010年2月24日

renew.

ceramics works176
益子焼 柿釉掛分けカップ
径:9.0cm 高さ:8.0cm

今年のテーマとなりつつある 「更新」 ですが、
作品は、この 「更新」 の回数が多ければ多いほどいいんじゃないのか?
という結論になった正月のアニとの話し合い、
どうしても効率を考えてしまいがちな僕も、これには納得しました。

考える、作る、考える、作る

このサイクルで作品の質が向上していきます。
なので、この回数を増やせば増やすほど良いものができてくる、はずです。
何よりも、本焼きの回数を増やすこと。これが今年の目標になっています。

2009年12月21日

12月の窯出し(6)

ceramics work169

ceramics work168

ceramics work170

ceramics work167

2009年12月11日

12月の窯出し(3)

またまた窯出しのものです。
もう少し、続きます。

ceramics works161
益子焼 黒マット×柿×泥並
φ90mm、高さ90mm
1,470円(税込)

ceramics works162
益子焼 柿釉×泥並
φ90mm、高さ90mm
1,470円(税込)


益子やちむん.tvに紹介してもらいました。
写真を撮られるのは緊張してしまいます。

「楽土」を目印に見つけてみてください。

益子やちむん.tv
http://mashiko.yachimun.tv/html/

2009年12月 9日

12月の窯出し(2)

窯出し第2段です。

ceramics works159
益子焼 泥並×柿釉×鉄マグカップ
φ90mm、高さ90mm


ceramics works160
益子焼 泥並×柿釉マグカップ
φ90mm、高さ90mm

2009年12月 8日

12月の窯出し(1)

いろいろ焼き上がりました。
まずは、シンプルに益子黒釉のマグカップ。

ceramics works156
益子焼 黒釉マグ
φ90mm、高さ90mm

続いて、黒×柿の掛分けマグです。
釉薬の組み合わせを考えるのが楽しくて、
掛分けシリーズはどんどん種類が増えてます。

ceramics works157
益子焼 掛分けマグカップ 黒×柿
φ90mm、高さ90mm

2009年7月15日

益子焼掛け分けマグ、その4

益子焼掛分けマグ(4)
益子焼掛分けマグ(5)
益子焼掛分けマグ(6)

まだまだ続きます、掛分けマグカップシリーズ。
続きますが、どんどん地味になっていきます。。。

もっと、夏らしくスカッとしたものが作りたいのに!

2009年7月12日

益子焼掛け分けマグ、その3

益子焼掛分けマグカップ(3)

掛分けシリーズ第三弾!

トーンが地味!
うーん、もうひとつ何かほしいな。


2009年5月24日

作品 5月のカップ


5月の新作カップ

ぽってりした形が気に入っているカップ。

これは、めずらしく紙に描いたイメージ通りに作ったものです。
いつもは大きさだけ決めて、手を動かしながら形を調整していくのですが、
これはイメージが先行していました。

焼き上がりもほぼイメージ通り。
もう少し大きいものも作ろうと思っています。


5月の新作カップ

口径 : 75mm
高さ  : 75mm

2009年5月19日

カップ&ソーサー


カップ&ソーサー

これも配色が気に入っているカップ。

柿釉を使ったシリーズは、
「益子焼、職人」 というようなイメージで製作しています。

もっと職人のように、速く正確に作れるようにならないと。
まだまだ個体差が目立ちます。


カップ&ソーサー

カップ
径 : 85mm
高 : 65mm

ソーサー
径 : 155mm
高 : 20mm

2009年3月10日

カフェオレボウルを製作中その2


カフェオレボウルその2

益子焼のしごと : カフェオレボウルその2

今日は削りです。
高台のあるカフェオレボウルということで、
いくつか試しながら削っています。

高台のバランスを考えながら削っていかないと
ご飯茶碗のような形になってしまうな。。。


カフェオレボウルを製作中その1



TODOメモ
陶器市のときに付けたノートを見直す。


2009年2月27日

2月の新作マグカップ


新作マグカップ

益子焼のしごと : 2月の新作マグカップ [ 径 95mm 高 70mm ]

前回、焼きあがったマグの下部に青色を加えたものを作ってみました。
淡い色が僕好みです。

このマグはこれで、いったん完成のような気がします。
これ以上なにかを加えてしまうと、うるさくなってしまう気がするし。

一応、次回の窯でもう少しアレンジしたものを焼いてみる予定ですが、どうなのかな。
陶器市では、完全に完成したものをお見せしたいですね。