2010年11月22日

それは、僕は絶対的なものがあると思う。

かっこいいな

2010年11月16日

だまこ

works246

実家で食べてきました、母のだまこ鍋。
あっさりした味付けでいくらでも食べれます。
新米の時期ならではのだまこのもっちり感、
せり、ごぼう、まいたけ、鶏肉、この組合せがタマラナイ!!

2010年11月13日

ナヴァールさんのカップ

works244
ジュヌヴィエーヴ・ナヴァールさんのカップ

前回の春の陶器市で購入したナヴァールさんのカップが、
手にとりたくなるサイズ感、雰囲気、存在感でかなり使用頻度になってます。
なので、もうひとつ欲しいなということで、
前回とは少し違ったタイプのカップを購入しました。

縦に入れられたゆったりとしたしのぎのライン、
重ねて掛けられている織部釉がとてもイイ!!
一見、灰釉かなと思う色合いですが、
銅を成分としている織部を使っているので、
ところどころ赤身がかった発色もあり、
そこがアクセントとなって全体に動きが出ていてタマラナイ!!

このカップも出番が多くなりそうです。

2010年11月11日

陶器市で収穫

works243
石川久美子さん作 貯金箱(陶器)

陶器市では物欲が高まってしまいます。
自分には思いつかないようなアレやコレ、
そして、技術の高さ、繊細さ、豪快さ、
そんな、自分には出せないものを見せられてしまう陶器市、
今回は石川久美子さんの貯金箱を買いました。

500円玉貯金始めます。

2010年4月14日

益子、光明寺のしだれ桜

works187

works186

益子駅から南東へ約7キロ、光明寺のしだれ桜を見てきました。
光明寺には初めて行ったのですが、しだれ桜がとても立派で、
少し離れた所からも、その存在感が伝わってきました。

この大きさ、樹齢 170年はさすがに圧巻です!

毎年、花びらでいっぱいになる桜の木、
生命力をビシビシっと感じます!

陶器市の準備でバタバタっとしている最近ですが、
良いものが見れてよかった!
良いものが作れそうです!

2010年3月25日

大哺乳類展

works183

works184

works185

上野、国立科学博物館で開催されている 「大哺乳類展」 を見てきました。

まず、なんといっても写真を撮っていいということに興奮です。
角、皮膚、毛などの質感にただただ感動するばかりだったのですが、
それを写真として保存できたので、度々見てはその存在感に圧倒されています。

今回、これはタマラない!と思ったのが、 「角」 です。
なぜ、あの形になったのか、ネジれていたり、左右非対称であったり、
頭部に対してあまりも大きかったり、
信仰の対象として崇めたくなるような、そんな存在感がありました。

体の模様や、顔に入っているラインなんかもかっこよすぎて、
恐れすら感じるほどでした。

それと、最近見た映画 「アバター」 のナヴィ族が思い浮かびました。
あれはCGで、作りものだとは解っているのに、現実的で美しくて感情移入できる。
すごい技術だなー、と関心していましたが、
大哺乳類展を見て、改めてアバターを思い出してみると、
この展示場に並んでいる動物と同じレベルでナヴィが
自分の中に存在していることに気づきました。

並んでいるのは、生きている姿を見たことのない動物、
映像や写真でしか見たことのないものがほとんどです。
映画の中だけの存在であるナヴィとそれらは自分の中でもはや対等になっていました。

これは、「大哺乳類展」 が現実と少しかけ離れた空間だ、
ということが大きな理由かもしれないけど、
映像の世界はどんどん現実の世界に近づいていてるのは確かです。

この展示場にナヴィが並んでいても不思議じゃないなと思えます。

なんてことを考え出したら、また 「アバター」 が見たくなってきました。
まだやってんのかな?

大哺乳類展後のアバター、
アバター後の大哺乳類展、どちらもオススメです!

2010年2月13日

エンプティネス(Emptiness)

works173

無印良品のアドバイザリーボードの原研哉さんの話が興味深いです。
まだ途中までしか読んでいないのですが、
「空っぽ」とか「更新」とか、自分の考えに重ねて読んでいくと
いろいろ納得できるところもあっておもしろいです。

焼き物の制作は、常に更新の繰り返しのようなところがあって、
次に作るときは、全く同じものを作ることを目指すのではなくて、
前回よりも、ちょっと良く作ろうとします。

ちょっと良く作るためには、
その良し悪しを判断できなくてはならなくて、
僕の場合はそれを頭の中の感覚で行うよりも、
しっかり言葉にして、具体的にどこをどうすれば良くなるのか、
前回よりも良いものができたけれども、その理由はなんなのか、
とかしっかり考えないと、うまくいきません。

更新するためには、まず整理しないとダメみたいですね、僕の場合は。

「空っぽ」 なんていうのも、
器に通じるところがありますし、
原研哉さんの話、とてもおもしろいです。


無印良品の理由展 トークイベント採録 第3回 原研哉氏
http://www.muji.net/lab/report/100203/

2009年12月22日

のぼうの城

books171

「のぼうの城」

図書館で借りて、一度は読まずに返し、
でも気になって、もう一度借りて読みました。

これ、今年のイチバンです!

電車の中だったので、涙は堪えたけど、
鼻水が止まらなかった。

今まで全く歴史物には興味がなかったのに、
「へうげもの」、「のぼうの城」 と、こうも面白いものを見てしまうと
歴史物、特に戦国時代が気になってしょうがない!

甲冑やら名物やらを見にいきたい!


のぼうの城
http://www.shogakukan.co.jp/nobou/

へうげもの
http://hyouge.exblog.jp/

2009年12月 3日

朝パンの日

food works151

朝食にご飯を食べたい日とパンを食べたい日があるのだけど、
ご飯が食べたい日っていうのは、体調とか気温とか、そんなことは関係なくて、
単純に、朝、ご飯が炊きあがってるかどうか、によるな。と気づきました。

今日はトーストです。

2009年11月20日

熱気球を見つけて

Balloon

Balloon Balloon

ちょっと外に出てみたら、遠くのほうに気球を見つけました。
毎年なのかな?年に一回くらい見る光景です。

慌てて近くまで行ってみると 、
バーナーに点火している音まで聞こえるではないですか!!!
寒さを忘れて眺めてしまいました。

今日はもっと近くに行ってみよ。

「2009熱気球ホンダグランプリ」最新情報!
http://blog.livedoor.jp/mcaki/